サイコドリーム プラスチャレンジ【SwitchOnlineスーファミ】

えく

Nintendo Switch Online加入期間中であれば、無制限に遊べる『ファミコン&スーパーファミコン』

公式動画で公開されている『サイコドリーム』プラスチャレンジです。

今回のプラスチャレンジは、ステージセレクトの裏技紹介になります。

サイコドリームとは?

✅ 1992年12月11日に「日本テレネット」から発売。

✅ ゲームの目的は、ドラッグムービーによって仮想空間に入り込んでしまい、現実世界へ戻れなくなった少女を救出する物語。

✅ 全6ステージ構成の横スクロールアクションゲーム。

✅ 各ステージは、3つのチャプターで構成される。

✅ チャプター1と2は横スクロールアクションステージ。

✅ チャプター3は、ボス戦ステージ。

✅ 敵の攻撃を受けるとライフが減り、ライフが0になるとゲームオーバー。

✅ コンティニューは無限にできるものの、スコアがリセットされ、丸腰状態での再スタートとなる。

ストーリー

いつの頃からか定かではないが、世界には精神遊離剤と感覚接続器を介して人間に仮想の世界を体験させる娯楽「ドラッグムービー(Dムービー)」が存在していた。

それは1980年代初頭時点ではまだ噂話程度にしか知られていなかったが、10年とかからずに世間に普及、特に若者の間で流行となっていった。

このDムービーの流行は理想の世界に行ったきり現実へ戻ってこなくなる若者を無数に生み出した。

「シンカー」と呼ばれるそういった若者らは、精神だけは理想の夢の中で過ごしているが現実の肉体は眠ったまま呼吸以外に何もしない状態にあり、当然長くは生存し得ない。

しかしそれを承知でシンカーになる者は後を絶たなかった。

こういった事態への対策に国家公安委員会は公安4課、通称「ダイアモンドの犬」を1984年に組織。

Dムービーに耐性のある人間をシンカーの精神に潜入させ、もはや自発的には戻ることのない彼らの連れ戻しにあたらせていた。

この連れ戻し役の名を「デバッガー」と言う。

1992年、17歳の少女柚木沙耶香(ゆうき さやか)がシンカーとなった。

彼女が選んだDムービーはデヴィッド・ヴィスコンティ監督作品「廃都物語」。沙耶香の精神を連れ戻す為、彼女の元へ二人のデバッガー、シジマ・リョウとトバリ・マリアが派遣された。

シンカーを連れ戻す作業は危険を伴う。

もしも作業途中でシンカーの命が尽きればその精神世界内にいるデバッガーの精神もただではすまないのだ。

シンカーとなってから経過した三日の時間ともともとの病弱さのため、あと24時間もすれば沙耶香は死ぬだろう。

果たして、リョウとマリアは沙耶香の精神を連れ戻せるのか!?

ステージセレクト

1、「2Pコントローラー」を使用。

2、この画面で『X Y R +』を同時に押し続ける。

3、タイトル画面になったら、ボタンを離しゲームスタート。

4、ステージ選択画面が出現。

5、ステージ選択後、「ー」ボタンで武器変更する事ができる。

参考動画

 

【広告】