ジャックとジルDX

ジャックとジルDX【Switchレビュー評価感想】

ジャックとジルDX
©ラタライカゲームス
 
えく
今回のレビューは『ジャックとジルDX』

150円セールで購入しましたので、レビュー評価していきます。

モノクロの世界で、ボタン1つで遊べるゲームです。

さて、どんなゲームなのか詳しく見ていきましょう。

※ 記事作成日:2021年1月16日(土)

概要

ジャンルアーケード / アドベンチャー / アクション
プレイ人数1人
メーカーラタライカゲームス
配信日2019年5月9日
DL版価格499円
セール時最安値150円 (70%OFF)
DL版容量60MB
クリア時間10~20時間
やりこみ要素挑戦、ミニゲーム
プロコン○ 使える
体験版× 無し
ストアURL
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000011681.html

容量について

ストアで表記されている必要な容量は「60MB」で、本体で確認できる容量は「53.7MB」でした。
回線速度32Mbpsでの推定ダウンロード時間は「14秒」です。

評価基準

「評価基準」は、全てのSwitchゲームレビュー記事に設置してある『定型文』です。
評価基準を確認する場合は「+」をタップして展開して下さい。

難易度

ゲーム内で難易度を選べる場合「一番易しいモードでプレイ」した時の難易度で評価しています。
クリアが無いゲームは全て【★★☆】評価する事を予めご了承下さい。

★★★ …【難しい】心が折れて投げ出す可能性がある
★★☆ …【普 通】頑張れば「半数以上の人はクリア」できそう
★☆☆ …【簡 単】「誰でもクリア」可能

コスパ

コスパは『価格÷時間』で計算します。
時間は平均的なクリア時間、クリアが無い場合は飽きるまでの時間などを考慮。

★★★ … 1時間あたり50円以下
★★☆ … 1時間あたり51円~100円
★☆☆ … 1時間あたり101円以上
パッケージゲームの価格5,000円~1万円のソフトを買った場合「何時間遊べたら元を取っただろう?」と考えた時に、「200時間以上遊んだら満足」と判断し「10,000円÷200時間=50円」としました。

グラフィック

「Nintendo Switch」はグラフィックに力を入れているハードでは無いので、評価基準は甘め設定となっております。
★★★ … 「Wii」と同等以上
★★☆ … 「Nintendo64」と同等
★☆☆ … 「FC/SFC」と同等

ロード時間

ゲームが起動するまでの時間で判断します。
※サンディスクの「1TB」MicroSDXCカードで計測しています。

★★★ …起動20秒以内、ゲーム中のロードは全く気にならない
★★☆ …起動40秒以内、ゲーム中のロードが少しある
★☆☆ …起動41秒以上、ゲーム中のロードが長く気になる

評価

難易度 ★★☆

死に覚えゲーなので、何度もチャレンジしてクリアしていくスタイル

コスパ(通常時) ★★★

セールを待ちましょう

499円÷10時間=「49円」

コスパ(セール時) ★★★

やり込み要素で更にコスパUP

150円÷10時間=「15円」

グラフィック ★☆☆

グラフィックを求めるゲームでは無いので問題無し

「スーパーファミコン」レベル

ロード時間 ★★★

容量が少ないだけあって、超快適レベル

起動時間「13秒」

タイトル〜ステージセレクト「1秒」

ステージセレクト~ゲーム開始「1秒」

どんなゲーム?

✅ ジャック(ジル)を操作して、ゴールで待つジル(ジャック)の元へたどり着けばステージクリア

✅ 20ステージ×7ワールド、合計140ステージ

✅ 1ステージ数秒~数分と手軽に遊べる

ジャンプボタン1つしか使わないので、操作は単純明快

✅ ボタンを押すタイミングが重要な死に覚えゲー

✅ ステージが進むと、少しずつ新しいギミックが登場する

メニュー画面

ゲームが起動した直後のメニュー画面


・『ゲームスタート』…ゲーム本編、全140ステージでコインを貯めよう

・『ミニゲーム』…貯めたコインでチケットを集め、集めたチケットで帽子や背景などと交換できる

・『挑戦』…「コインを1000枚集めよう」など、ゲームをプレイする上での目標でやり込み要素の1つ

・『設定』…BGMのオンオフ、SFXのオンオフ、言語の3つが設定できる

実践プレイ(ワールド1-7)

「A」ボタンを押すとジャックは勝手に進み、止まる事はできない

障害物をジャンプで乗り越え、ゴールを目指そう。

道中のコインは、できるだけ拾おう!

ミスしても、ロード時間無しで即リトライできるので、諦めずにゴールしよう。

ミニゲーム

20ステージずつ区切られたワールドを1つクリアするたびに、ミニゲームが1つ解放される。

全7ワールドクリアは、それなりの根性が必要になってくる。

コインを使って、ミニゲームをプレイするとチケットが手に入る。

総評・あとがき

『ジャックとジルDX』は、2時間以上プレイした感想記事になっております。

最序盤こそ比較的簡単なステージで構成されていましたが、ワールド1の中盤から結構難しくなってきて、このままだと、すぐ挫折しそうな難易度になるかと不安をよぎらせながら、プレイしていました。

すると、苦戦しつつも40ステージクリアし、ワールド3まで辿り着く事ができました。とはいえ、まだ140分の40ですから、先はまだまだ長いですが…。

ステージが進むと、少しずつ新しいギミックが登場し、ボタンを押すタイミングがシビアになってきます。

ジャンプ台、壁ジャンプ、敵を踏みつけたタイミングでジャンプなど、使うボタンは「A」だけなのに、ちょっとタイミングズレただけで、敵をうまく踏めなかったり、ジャンプ台に乗れなかったりとミスを誘う仕掛けが盛りだくさん。

ミスしたところを、しっかり頭に叩き込んでリトライしまくれば、クリアできる絶妙な難易度になっていて、理不尽な難易度ではないので、良かったです。

プレイステーション版では、トロフィーブーストゲーとして重宝されているようなので、トロフィー集めしている人は、セールの時に狙ってみてはいかがでしょうか?

以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。よろしければ、『げーむれぽ』トップページへのお気に入り登録をしていただき、ゲーム購入前の判断材料の1つとして当サイトを訪れていただけると嬉しいです。

※ミニゲームで貯めたチケットで、背景色「ピンク」を交換してみた。

公式PVは見つからず

※公式PVが無かったので、Youtubeで公開されている序盤のプレイ動画を紹介。

【広告】